仕事術の最近のブログ記事

090722.jpg

思い切ってメモリを増設することにしました。

近くのヤマダ電機でちょうど同じものがあったので2GBを1枚購入。(今は1GB×2)
帰ってきて早速差し込み電源を入れると、CPUファンがふわ~っと回って止まり、電源がつかない。

メモリがいけなかったのかしらと、外してから電源を入れてもひゅープスンと言って立ち上がりません。
掃除機かけても配線全て外して放電させてもだめ ああ~やっちゃった・・・

作業も迫ってるし結局自分ではどうにもならないので、翌日パソコン修理屋さんに来てもらうことにしました。

取りあえず新しく買ったメモリは外した状態でCMOSクリアすることで無事起動!
「これで直ったので、増設してみます?」というので、もう一度挑戦。

プス~・・・ 
あらら、やっぱりこれが原因だった!

修理屋さんの持っていた1GBを1枚差してみたら問題なく起動しました。

お兄さん曰く、メモリは2GB1枚だとこういうことがあるんだそうです。
メモリを差し込むところは2色2ヶ所づつあるんですが、この色に沿って1GBを1枚づつ入れた状態がよりベストでパフォーマンスも上がるとのこと。
全然知りませんでした。勉強になりました。
ついでに試しに刺したこのメモリも購入。

そして余った2GBのメモリですが、ダメもとでヤマダに聞いてみたらなんと交換してくれるというので、早速1GBに交換しに行きました。
差額を返金してもらい、帰りにポイントもらえるスロットなんとなしにやったらなんと1000P当たり!
結局、最初に買った2GBよりお得になりました(^o^)




090715.jpg

1日の大半をPhotoshopと過ごす私にとってはフォトショのパフォーマンスは最も気になるところです。
よくある方法で[大きいタイル] プラグインを有効にする、というのがありますが、CS2時代に試してみてあまり効果が出なかったので、ずっと使っていませんでした。
パフォーマンスの最適化(Windows 版 Photoshop CS3)

ちなみに高速化するには条件が。
1. 搭載メモリが 1 GB 以上
2. Photoshop に割り当てられているメモリが 261Mバイト以上に設定されていること

条件も満たしてるしCS3になったしもう一度試してみよう!と思い、Adobeさんの指示通り「~」をはずして再起動。

結果
・・・・・・・・・・いつも開いているファイル(16MB程度)を開くのに15秒もかかる!

試しに「~」を戻してから同じファイルを開くと3秒ほど。

なんで??